定期保険の概要について

定期保険は一定の期間だけ保障が受けられる保険です。一定期間を経過すると保障は終了してしまいますが、決められた期間が来ると更新して保障を継続できる更新タイプのものもあります。更新タイプの保障を更新すると、更新のたびに保険料は上がっていきます。
基本的には掛け捨てで貯蓄性がなく、解約しても解約返戻金は少ししか戻ってきません。ただ保険料が低くても大きな保険金額を設定できるのがメリットで、自分に万一のことがあったときに家族に降りかかるリスクが大きい人に適しています。万一のときの教育費用や定年後の生活費などにも使えます。
保障には期間を設定して更新するものと、年齢を設定して更新するものの2つがあります。期間を設定するものは10年、もしくは20年ごとに更新を行うものがメインです。年齢を設定するものは定年を迎える60歳や65歳に設定されているものが多いです。
以前は期間を終えるまでずっと保険額が同じものが主流でしたが、今では徐々に保険金額が小さくなっていくタイプも出てきています。保障期間が経過するほど保障額が小さくなり、保険料も抑えられるのがメリットです。保障が必要なくなってくる人生後半を最初から見据えたタイプの保険で、ファイナンシャルプランナーでも勧める人が増えています。