医療機関における脱毛

医療機関で受けられる脱毛は、医療資格者が担当してくれる安全性の高いものです。
今までは特殊な針を毛穴1つ1つに刺し込み、そこに電流を流して毛根を焼き切るという作業が行われていました。
確実な効果が期待できるとはいえ、地道な作業であり時間がかかるうえに痛みも強く、料金が高いのがネックでした。
しかし昨今では、こういった面倒な作業をしなくても、レーザーで簡単に処理できる方法が採用され始め、こちらが主流となっています。
医療レーザーを肌に照射すると、そのレーザーは皮膚に負担をかけることなく毛根まで届き、そこに含まれる黒いメラニン色素を破壊するという方法です。
医療行為として、使用する機器の高い出力が認められており、一度破壊したところからは、二度と毛が生えてくることはありません。
人には毛周期があり、一定の期間を空けたサイクルにて毛が生え変わっているため、それに合わせた複数回の施術が必要にはなりますが、施術を受けるごとに変化していく毛の生え方は素人でも実感しやすいです。
また、医療機関ということで、もし何等かのトラブルが発生したとしても、間をおかず即対処できます。
状態が悪化する前に、そのトラブルの進行を早めに抑えることができるのです。af9920059239l

Filed under: 未分類 — tubo 9:38 AM